お金くれる彼氏

「お金くれる彼氏ってどう言う彼氏なの。」「お金持ちの彼氏かな。」「彼女にベタ惚れの彼氏かな。」「ねぇ、由美の彼氏はお金くれる彼氏でしょう。どんな人なの。」「普通の人だよ。」私はそれだけを言ってその場を離れました。そして次に向かった先はお金くれる彼氏のところでした。

「由美ちゃん、こんにちは。友達との食事は楽しかった。」「そうだね。」私の彼氏は35歳。私より7歳年上で童貞の人でした。彼と知り合ったのはネットでした。「お金あげるから俺と付き合ってくれる人いないかな。」と、言う彼の投稿を見て連絡を取りました。初めて会った時の印象は髪が長く、顔がはっきり見えなく、服も地味で勿体無い感じがしました。だから、私は服装と髪型を指摘しました。
お金くれる彼氏との出会いのきっかけとなったパパ活の方法
すると、「2時間待っててくれる。」それを言って私を残してその場を離れました。帰ろうかなと思いましたが、2時間待ってみると髪型や服装が変わっていました。「どうかな。」「とても似合うと思うよ。」初めて会う私の意見をそのまま聞いてその場で変えてしまった彼に驚きました。その後デートをして、初めて会うその日に彼から告白され、そのまま付き合うことにしました。

それから、デートする時に交通費代として多めにお金を貰ったりしていました。会話はぎこちなかったけれど、童貞だから仕方ないのかなと思いました。だから、私から彼にキスをしました。「もっと、自信持って。あなたは素敵だから。」その言葉をきっかけに彼は少しずつ積極的になってきました。今から彼の童貞を卒業させてきます。
お金くれるおじさん
お金くれる人

35歳主婦の出会いアプリ日記

以前からずっと出会い系サイトに興味がありました。
もちろん、夫やお友達たちにはナイショの、私だけの憧れみたいな秘密の思いでした。
はじめのうちは、単に知らない年上男性や、まだ会ったことのないカワイイ年下の男の子との出会いを想像しては、ひとりうっとりと満足してたんです。
いわゆる妄想ってやつですね。
でも、だんだんと妄想だけじゃ物足りなくなってきちゃって。

私、出会い系っていうと、パソコンを使わないと利用できないと思い込んでいたんです。
ちなみに私はパソコンがまったくダメなタイプ。
どこをどう触れば動くのかさえわからないような有様だったから、出会い系を使うのはムリだな…って半ば諦めてました。
けど、先日、幼稚園のママ友のひとりから、スマホで使える出会いアプリの話を聞いたんです。
その時は「へえ。ふーん」って感じで、興味なんかないわよってフリしてたんだけど、内心はもうドッキドキ。
スマホなら私も持ってるし、難なく使えます。

帰宅して、お部屋ですぐさま「出会い アプリ」と検索して見つけたアプリをスマホにダウンロードしました。
夢にまで見た出会い系登録。
私的に一番良さげだったJメールを使ってみたんですけど、もう口から心臓が飛び出すんじゃないかってくらい胸が高鳴りました。
出会いアプリってホントに簡単だし、私みたいな機械オンチにも優しいの!

それ以来、出会いアプリにハマりまくりの私。
単なる妄想じゃなく、リアルにいろんな男性と知り合えることの喜びを噛みしめています。
ちなみに何人かの方とは、実際にお会いしました。
私の一番のお気に入りは14歳年下のUくん。
目がくりくりしてて、髪もふわふわで、とってもかわいくて、もうお姉さん(おばさんかしら…笑)夢中です!

もちろん、私がこうして出会い系を楽しんでることを夫はいまだ知りません。
バレたらさすがにヤバイんですけど、ここがパソコンじゃないスマホの強みっていうか。
パソコンだと検索履歴とかからバレちゃいそうな気もするけど、これならロックかけとけば絶対安心。

これからも思いっきり楽しんじゃうつもりです。

32歳主婦派遣社員のJメール日記

結婚して3年経ち、夫との関係も良好です。
ただ夫の事は、家族としては大事だし愛していますが、
恋愛感情があるかというと…。
夫も同じだと思います。

もうここ1年、月に1回あるかないかくらいです。
もともと、彼も激しいタイプではないので、そんなに求めてくることはありません。
私自身はというと、もう欲求不満で仕方ありません。
会社の人と遅くまで飲んだりしていると、何度か家に誘われたことはありました。
しちゃってもいいかな?なんて思ったことも何度もあります。
ただどうしても、近い人と関係を持つことのリスクを天秤にかけると、
どうも気が進まないのです。
夫と離婚なんてぜったいに嫌ですから。

そんなとき、ネットで知ったのがJメールの存在。
割り切りの関係であとくされなく、
性欲だけ満たしたい、そんな私にうってつけのサイトでした。

なんとなく感覚や年齢の近いプロフィールの男性を選び、
都内の、できるだけ自宅と会社の沿線を避けた場所で落ち合います。

私は新宿のアルタ前に金曜の21:00に待ち合わせをしました。
事前に写真は交換していたのですが、変な人だったら逃げてしまおうと思って
柱のかげに隠れて様子をうかがっていました。
すると後ろからポンポンと肩をたたかれました。
逃げようと思っていたのに見つけられちゃいました。
写真とそんなに変わらない感じでホッとしました。
メガネをかけて、口が大きく、細い目でちょっとだけ癖のある感じだけど
よくいるタイプのスーツを着た男性でした。
精神科医の名越さんに似てる感じです。
彼は私を見て、かわいいととてもよろこんでくれたので、恥ずかしくなりました。
私は童顔なので、幼く見えると言われて、歩き始めたら向こうが手をつないできました。
割り切りとは言え、ただ会ってエッチするだけ、というのではなく
ちょと恋をしているような気分になりました。

こんなところ、誰かに見られたらと思うとヒヤヒヤしたので、
できればすぐにホテルに行きたいと伝えました。
彼の方も、ホテルに行ってから飯にしよう、というので
歌舞伎町方面に手をつなぎながら歩きました。
ホテルに行く途中、細い路地に入り、彼がいきなりキスをしてきました。
ここから先は、、、
結果、私はビルのすきまで今までの人生で一番きもちのよいHをしました。
ホテル代かからなかったから、うまいもの食おう、と誘われましたが
誰かに見られるとヤバいので、その日は22:00前に別れました。
割り切り、というとなんだか殺伐としたようなイメージがありますが
Jメールでの出会いは、私をウキウキさせて若返らせるようなものでした。
いまはその彼と、2週間に一回は会っています。
彼にも家族があるので、安心して割り切りの関係を続けることができています。

これがお互いディープな気持ちになって行く前に、また別の彼を定期的にJメール
でさがしていき、バランスを保ったおつきあいをこれからも続けていきたいと思っています。

43歳男性会社員の出会い系サイト日記

転勤が必須の仕事についてしまった僕は、もちろん家庭はあるのですが、単身赴任が続いています。
子供も学校を変わりたくないらしいし、妻も仕事をしているのでついてきてくれないんですよね。
さみしいなぁと思ったのは最初のうちだけで、いまはすっかり羽を伸ばせるこの生活が気に入っています。
1,2か月に一度会う妻とも新鮮な気持ちで向き合って優しくできるので、むしろ夫婦円満ですね。

でも、そんな僕がハマってしまったのが出会い系サイトなんです。
家でも一人だから、頻繁にネットやメールをしていても怪しくないでしょう。
最初からもちろん下心はあったんだけれど、こんなおじさんを相手にしてくれる人なんていないだろうと
諦め半分、ひやかし半分で出会い系サイトを利用してみたんです。

そうしたら、けっこういますよ。僕の相手。
年上が好みの女の子だったり、こどもが学校に行っている間に暇をもてあましている欲求不満の主婦だったり。

お互いの利害が一致するので、持ちつ持たれつで楽しいお付き合いをさせていただいていますよ。
100パーセント遊びというわけでもなくて、関係をもつことになった女性のことは大切に思うし可愛らしくいとおしい存在なんです。
既婚者でも恋をしていいと思いませんか。