カテゴリー別アーカイブ: 嫉妬

JKとの援交

JKとの援交というわけではないけど、私は高校の頃におじさんにJKとの援交をしたいと言われました。私はこの事を両親に伝えると両親は激怒しておじさんに注意しました。おじさんは冗談だよと言っていましたが、私にはその時のおじさんの顔は冗談には見えませんでした。

それから高校を卒業するまではおじさんに会うことはなく、久しぶりに会ったおじさんは白髪が増え少し痩せていました。「大きくなったね。JKとの援交したいなんてもう言えないね。」「言わない方がいいと思いますよ。親族に変な目で見られてしまうよ。」「もう見られているから気にしてないよ。」
穂別いちごの条件で女子大生と援助交際
おじさんは昔から変わり者で親戚からは嫌われていました。私は大人になってからそんなおじさんが少し可哀想に感じました。それから私はたまにおじさんの家に顔を出すようになりました。私を見るたびおじさんはスケベなことを言ってきますが、私はそれを軽く流しています。その反応におじさんは笑っていました。

「おじさんには子供はいないからね。もし、おじさんが亡くなった時の財産は君に全部あげるからね。遺言書も書いとくから安心して待っててね。」「期待しないです待ってます。」そんな冗談を言うおじさん。

ところが1年後、おじさんは本当に亡くなりました。そして遺言を残していたこともあって多額の遺産を私が貰いました。親戚の人はそんな私に少し嫉妬していました。「こんなにお金を持ってるならもう少し優しくしとけば良かった。」私はその言葉を聞くたび何故か笑ってしまいました。
JCとの援交
わりきりの相場

お金くれる彼氏

「お金くれる彼氏ってどう言う彼氏なの。」「お金持ちの彼氏かな。」「彼女にベタ惚れの彼氏かな。」「ねぇ、由美の彼氏はお金くれる彼氏でしょう。どんな人なの。」「普通の人だよ。」私はそれだけを言ってその場を離れました。そして次に向かった先はお金くれる彼氏のところでした。

「由美ちゃん、こんにちは。友達との食事は楽しかった。」「そうだね。」私の彼氏は35歳。私より7歳年上で童貞の人でした。彼と知り合ったのはネットでした。「お金あげるから俺と付き合ってくれる人いないかな。」と、言う彼の投稿を見て連絡を取りました。初めて会った時の印象は髪が長く、顔がはっきり見えなく、服も地味で勿体無い感じがしました。だから、私は服装と髪型を指摘しました。
お金くれる彼氏との出会いのきっかけとなったパパ活の方法
すると、「2時間待っててくれる。」それを言って私を残してその場を離れました。帰ろうかなと思いましたが、2時間待ってみると髪型や服装が変わっていました。「どうかな。」「とても似合うと思うよ。」初めて会う私の意見をそのまま聞いてその場で変えてしまった彼に驚きました。その後デートをして、初めて会うその日に彼から告白され、そのまま付き合うことにしました。

それから、デートする時に交通費代として多めにお金を貰ったりしていました。会話はぎこちなかったけれど、童貞だから仕方ないのかなと思いました。だから、私から彼にキスをしました。「もっと、自信持って。あなたは素敵だから。」その言葉をきっかけに彼は少しずつ積極的になってきました。今から彼の童貞を卒業させてきます。
お金くれるおじさん
お金くれる人