JKとの援交

私は見てしまいました。若い女性が年配の人とホテルから出るところを。JKとの援交を感じさせるくらい違和感がありました。しかも、その男性が私がバイトをしているスーパーにお客として来店してました。その時に買った商品は飲み物とタバコ。これだけなら近くのコンビニで買えばいいのにと思ってしまうくらいでした。そして、次の日も私のレジの前にそのおじさんはタバコと飲み物を買いました。それが1週間続くと流石にタバコは覚えてしまうのでその人が来るとタバコを言われる前に出すようになりました。
JKとの援交

「ありがとう。覚えてくれたんだね。」初めての会話はこれでした。そして、さらに1週間が経つ頃にはおじさんは私にデートを誘うようになりました。「休みの日、ランチに行かない。美味しいお店知ってるよ。」この時にJKとの援交の記憶が蘇りました。おじさんは私のことをJKと思っているのか、だからJKとの援交に誘っているのか。私はふとおじさんに若い女性と歩いてるところを見たといいました。「あれは、前カノ。もう別れて、今は募集中。」自分をいつまでも若いと勘違いをしているおじさんかと思いました。だけど、お小遣いをくれると言ってくれたので、ランチだけ付き合うことにしました。

食事の会話は全部おじさんの自慢話でした。その時も何かしら私に触れようとしますが上手く交わしました。おじさんはその姿に苦笑いをしていました。そして約束通りにお小遣いを貰いました。その後もおじさんは懲りずにスーパーに通ってくれました。私とHするまで頑張るのかなと思いました。
穂別いちご
ホ別苺

JKとの援交

JKとの援交というわけではないけど、私は高校の頃におじさんにJKとの援交をしたいと言われました。私はこの事を両親に伝えると両親は激怒しておじさんに注意しました。おじさんは冗談だよと言っていましたが、私にはその時のおじさんの顔は冗談には見えませんでした。

それから高校を卒業するまではおじさんに会うことはなく、久しぶりに会ったおじさんは白髪が増え少し痩せていました。「大きくなったね。JKとの援交したいなんてもう言えないね。」「言わない方がいいと思いますよ。親族に変な目で見られてしまうよ。」「もう見られているから気にしてないよ。」
穂別いちごの条件で女子大生と援助交際
おじさんは昔から変わり者で親戚からは嫌われていました。私は大人になってからそんなおじさんが少し可哀想に感じました。それから私はたまにおじさんの家に顔を出すようになりました。私を見るたびおじさんはスケベなことを言ってきますが、私はそれを軽く流しています。その反応におじさんは笑っていました。

「おじさんには子供はいないからね。もし、おじさんが亡くなった時の財産は君に全部あげるからね。遺言書も書いとくから安心して待っててね。」「期待しないです待ってます。」そんな冗談を言うおじさん。

ところが1年後、おじさんは本当に亡くなりました。そして遺言を残していたこともあって多額の遺産を私が貰いました。親戚の人はそんな私に少し嫉妬していました。「こんなにお金を持ってるならもう少し優しくしとけば良かった。」私はその言葉を聞くたび何故か笑ってしまいました。
わりきりの相場

割り切り

50代の未亡人です。専業主婦だったのですけど、夫を亡くして働くようになって、いろいろストレスがたまるようになりました。その解消のためにツーショットチャットで知り合った男性と割り切りの関係してます。
ホテル代とか食事代はだしてもらってますけど、お手当的なものはそんなにはもらっていません。ときどき、生活費が足りないといって、援助しもらうくらい。相手は60代の独身男性。やっぱり、家庭のある人とはちょっと嫌でしたし。3年くらい前に奥さんを亡くしたと言ってました。
亡くなった夫は、口うるさい人で、ときどき暴力も振るう人でしたけど、いまの彼は、わたしがわがまま言ってもぜんぜん怒らない人。ホテルで会っても、彼がお茶とかコーヒー淹れてくれます(笑)。独身同士だから、例えば彼の自宅で会ってもいいのですけど、いまのところ、そこまでは近づかないうにしています。
イチゴでセックス
彼にはいったことはないですけど、セックスしているとき、ときどき亡くなった主人のことを思い出して、ものすごく乱れたりしています。夫が恋しいというのではなくて、「勝手に死んじゃったんだから、じっと見てなさい」っていう気分になって、興奮してしまう。夫に見せつけるつもりで、恥ずかしい恰好もたくさんして、思い切り乱れる。
優しい彼には、そんなこととても言えないですし。申し訳なくて。でも、それが一番興奮してしまう。チャットで彼氏みつけて、ときどきお小遣いもらって、いやらしいことしている自分・・・。なんかとんでもないことしてるって思って、彼につい甘えてしまう。
彼は、縛ったり、バイブとかでいじめるのも好きです。そんなのは、彼が初めてで。割り切りでお互い楽しもう、というのでなければ、こんなことちょっとできないですよね。

援デリ
キス無ゴム有

パトロンが欲しい

体の調子が悪く病院に行くと子宮癌と言われました。子宮を全摘すれば助かる確率が高いと言われましたが、結婚もしていない。彼氏もいない。そして、子供も作れない。女で無くなるんだと思うと異常に辛かった。まだ20代前半の私は早めに摘出しないと危ないと言われ、一週間後に手術の予約を入れました。

今思うと私は運が良かったのかもしれません。パトロンが欲しいと思ってた私には今パトロンがいるから。その人と入院する前にたくさん遊ぼう思いまし。彼は私のパトロンでもあるけれど、私が働く会社の上司。私のことを何でも知っているから甘えやすい。だから、彼に病気のことを一番に伝えました。彼は驚いた顔をしていました。「手術したら女出なくなるし、パトロン卒業かな。
お金くれるパパ
パトロンが欲しいって思った時は別の人を捕まえるから私のことを見捨ててもいいよ。でも、手術の日までは私のパトロンでいて。怖いから。」「馬鹿言うな。パトロン欲しいなんて言わせない。一生お前のパトロンでもあり上司でいてやる。だから手術頑張れ。」彼の言葉に救われた気がしました。会社で互いの、一目惚れから始まり「妻子がいるから結婚はできないけど、お前のパトロンになって支えてやる。」これが彼の告白でした。それから私たちの関係は続いていました。こんな私でも支えてくれる彼に私はすごく感謝しています。

それから1週間後、無事に手術は成功しました。子宮摘出してからは妊娠しないということもあって、毎回中出ししてから彼。少し複雑だけど、手術中ずっと病院にいてくれて、麻酔から覚めた時一番に彼に会えたから良いかなと思っています。
エロチャット
ライブチャット

ライブオナニー

彼女とドライブの途中で喧嘩をしました。原因は渋滞で道が混んでて彼女を迎えに行くのが遅れてしまい、目的地に着いたのが遅くなった事でした。近くの駅で電車に乗って帰ってしまった彼女。本当ならこの後ホテルに行く予定だったので怒りと、1ヶ月ぶりに彼女に会えたのにこの性欲をどう発散すればいいかと思った俺は携帯でライブオナニーをすることにしました。人気ないところに車を停めてライブオナニーを楽しむ俺。いつも家でやっていることもあって、車の中では初なのでライブオナニーがいつもよりも感じてしまいました。

それから15分が経ち彼女から電話がありました。正直良いところだったのにまたイラっとしてしまいました。「電車が遅れてていつ来るか分からないから迎えに来て。
テレセ
そしてゴメン。」彼女の言葉に少し驚きすぐに迎えに行きました。1ヶ月ぶりに会えて喧嘩別れは寂しいし、俺は彼女に対して怒りの感情は消えていました。

「なんか、顔スッキリしてない。」「そんなことないよ。これからどうする。」「ホテル行こうか。」彼女の言葉に先ほどのオナ二ーが中途半端だったので凄く嬉しかったです。ホテルについて彼女はシャワーを浴びようとしましたが俺はもう我慢が出来なくて彼女にキスをしました。「シャワー浴びたい。」「ヤダ。待てない。」激しくキス求める俺に答える彼女。「なんか、いつもよりも激しいね。」「喧嘩した後だからじゃないか。」そう言って誤魔化しました。
オナニー指示